診療科・部門

掲載日 : 2020年06月15日

専門外来

専門知識を持つ看護師が細やかなケアと指導を行います。

専門外来とは、特定の病気や症状について、専門的な診断・治療をする外来です。専門的治療が必要な方や長くつきあっていかなければならない疾患をお持ちの方に、専門の医療スタッフが診察にあたります。受診するためには、通常の診察後の医師の紹介又は予約が必要です。
 

ストーマ外来

  • ストーマ外来
  • 手術によって腹部に造られた、人工肛門、人工膀胱を「ストーマ(排泄口)」といい、それらを造設された方をオストメイトといいますが、ストーマ外来の目的 は、オストメイトが普通の生活(ストーマ造設前の生活)を目指し、それを維持するため定期的な長期フォローとストーマの管理を行っています。

骨盤ケア外来

  • 骨盤ケア外来
  • 妊娠中及び産後は、骨盤の変化に伴い様々な症状が現れることがあります。元気に妊娠・産褥期を過ごしていただくための骨盤ケアクラスを月1回開き集団指導を行っています。また、トラブルを抱えている方、不安のある方には骨盤ケア外来にて個別相談、症状緩和のためのケア、指導を行っています。骨盤ベルトの選択相談にも応じています。

産後ケア外来・母乳外来

  • 母乳外来
  • 乳房トラブルを抱えている方に乳房マッサージを行い、自己ケアでき方法等を指導しています。また、母乳育児の不安を抱えている方には乳房ケアだけはなく、赤ちゃんの抱き方、おっぱいの含ませ方等細かな確認を行い、安心して母乳があげられるよう指導しています。

禁煙外来

  • 禁煙外来
  • 禁煙希望の患者様に対し実施しています。医師による診察では、喫煙状況や薬剤の副作用・離脱症状の確認が行われ、看護師は離脱症状の乗り越え方や対処方法、禁煙の効果を確認しています。禁煙希望のある方は、チャンスを逃がさず是非受診してみてください。

フットケア外来

  • フットケア外来
  • 糖尿病合併症の一つである、糖尿病足病変の発症は、糖尿病患者数の増加と罹病年数の長期化から増加しています。爪の変形、タコも進行すると足潰瘍や足壊疽となり切断しないといけないこともあります。足病変の進行を防ぐには軽症の段階で処置をして悪化を予防することが大事です(=フットケア)。気になる症状があれば、まず主治医または看護師にご相談ください。医師の指示によりフットケアの研修を受けた看護師がケアや指導をお行います。爪切り、タコ削り指導も行っていますので、まずご自分の素足をチェックしてみて下さい。正しいフットケアを身につけることは合併症の予防にもつながります。

乳腺外来

  • 乳腺外来
  • 日本人女性の12人に1人が乳がんになると言われており、現在女性のがんの罹患率第1位です。早期発見・早期治療が大切ですが、乳房に異常を感じた時に何科を受診すればいいか迷われる方がおられます。当院ではそんな方のために乳腺外来を開設しています。マンモグラフィ検査後に乳腺専門医師による視触診、超音波検査を行います。場合によっては細胞や組織を採取する検査を行う場合もあります。もし、治療が必要となった場合には、専門的治療を医師・看護師・薬剤師等のチームで行っていきます。
 
 

腹膜透析外来/腎臓病療養外来

  • 腹膜透析外来
  • 腎臓病療養外来では、腎不全保存期患者を対象に、腎代替療法が必要となった患者様が、治療を受けながらもその人らしく、できるだけQOLを維持しながら生活していけるよう、療養選択説明や生活改善などの支援をしています。
    腹膜透析(CAPD)外来では,施行中の患者様がよりよい状態を維持できるよう、自己管理支援や精神的支援を行っています。また、自宅でのCAPD実施状況の把握、食事指導や生活指導、バック交換手技の確認、チューブ交換なども行っています。



      

特殊外来のご案内

Copyright © Miyoshi Central Hospital. All reght Reserved.

トップへ戻る