診療科・部門

掲載日 : 2021年03月29日

院内教育プログラム

経年教育、節目教育など長期にわたる充実したプログラムを実施。

看護職員の能力開発(研修)体系図

教育目的

研修名     対象者到達目標
新人研修
 
令和3年度実施計画はこちら 
卒後1年目 安全で確実な基礎的看護実践能力を習得する。
専門職業人としての自覚を持ち意欲的に看護に取り組む姿勢を養う。
事例展開前期研修                 卒後2年目 個別的看護展開ができる。組織の中での自分の役割を認識し、日々の業務が円滑に効果的な実践できる。専門職業人としての態度を身につける。
事例展開後期研修 卒後3年目
5年目研修 卒後5年目 中堅看護師として、自己の役割・責任を再認識すると共に、専門職業人としてのキァリア開発ができる。
10年目研修 卒後10年目
20年目研修 卒後20年目
教育担当者研修 新人担当者 新人教育を担当するための、知識を養う。
実習指導者研修 担当者 チーム医療の中で、学生を取り込んだ実習指導ができる。
看護補助者研修 看護補助者 組織の一員としての役割行動がとれ、必要な介護技術を身につける。
専門コース 自己申請※ 特定領域において、看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践ができる。
管理研修 師長、副師長 管理に必要な知識、技術。態度を学び、実践能力を身につける。

※3年間の必須研修を終了したもので自己申請を原則とする

Copyright © Miyoshi Central Hospital. All reght Reserved.

トップへ戻る